オラクル【ORCL】の2021.Q2決算まとめ

スポンサーサイト

2021.Q2決算を発表したオラクル【ORCL】

今さらですが…、というかいつの間にか発表されてました。

僕の保有株である

Oracle【ORCL】

の2021.Q2決算発表。

そういえばtictokがどうこうとか言われてましたがどうなっているんでしょうね。

決算発表後の株価の推移としてはそこまで大きくは動いてませんが右肩上がりをキープしているので市場の反応としては「悪くない」という感じだったのではないでしょうか。

さっそく中身を見てみましょう。

 

2021.Q2決算の結果

数字としてはこんな感じ。

売上高:98億ドル 前年比:+1.9%
営業利益:35億8,300万ドル(利益率36.6%) 前年比:+12.5%
純利益:24億4,200万ドル(利益率24.9%) 前年比:+5.6%
EPS:0.8ドル(前年は0.69ドル)
NonGAAP EPS:1.06ドル(前期は0.9ドル)


伸び率としては前四半期の(悪くない)流れを引き継いでいるイメージなので問題なしです。

前回のQ1決算時に公表した会社ガイダンスではQ2はNonGAAP EPSで0.98~1.02ドルを見込んでいたので多少ですが上回る結果となりました。

売上の成長率としてはここ数年はほぼ停滞している感じなので良くも悪くも現状維持ですが、利益の成長率が高いのは良いですね。ただでさえ30%を超える高い営業利益率の同社ですが更に改善している流れです。

Q1もそうだったのですがコロナを受けてからのコスト削減が引き続きうまくいっているようですね。

というわけで今四半期も前四半期に引き続き一応、増収増益という事になりました。

資料を見ていて気になった所が、オラクルの売上の内、約半分以上を米国が占めるのですが、

米国が占める売上額については実は前年を割っています。

その変わり、ヨーロッパ、中東、アフリカの地域がカバーしているような状況となっているみたいです。

 



カンファレンスコールより

10-Qだけじゃ、わからない部分も多いので一応コールで気になったところを。

・Fusionアプリは26%の増加
・Fusion ERPは33%の増加
・Fusion HCMは24%の増加
・NetSuite ERPは20%の増加

となっており、前回記事を見ていただければわかると思いますがほぼ変わらずの成長率です。

営業CFについての言及もありましたけど過去4四半期の合計で約140億ドルで、そのうち設備投資は18億ドル程度しかなく、FCFは約121億ドル。
株主としてはキャッシュが積みあがれば、配当や自社株買いによって株主への還元に貢献してくるので、ここはとても大事です。

特にオラクルについてはここから二桁成長というわけにはいかないでしょうから、現時点で期待するのは積みあがったキャッシュを有効に使ってくれる事です。(株主にとって)

もちろん更なる成長が期待できるのであれば買収資金にもなるし、そうじゃなかったとしても僕的には業績をキープして株主還元を強化してくれれば最高です。

実際に過去1年間で約182億ドルもの規模で自社株買いを行っています。
さらに過去10年間で見ると発行株式数の約42%を買い戻しているみたいなので、この期間に同社株を持っていた人は仮に全体の利益額は変わらなかったとしても1株あたりの利益は約2倍近く伸びた事になりますね。

これはすごいことです。

Q3四半期の会社ガイダンスも発表されています。
NonGAAP EPSで約1.09~1.3ドル(※米ドルベース)を予想しています。
前年同期が0.97ドルだったので、Q3も前年を超えると想定しているみたいでガイダンスについても一安心です。

そして今回のカンファレンスコールでもラリーエリソン氏はバリバリです。

『うちのMySQLとHeatWaveは、PostgreS、Redshift、Snowflake、AWSよりも高速ではるかに使いやすい!しかも安い!』

とライバルを名指しで超好戦的。素敵。
実際のところ、どうなのかわかりませんけどね…。

確かにOCIも前年比100%を超える成長との事なので好調なのは好調みたいです。

まとめ

さて、めちゃくちゃ短いですがこんな感じでしょうか。

感想としては前四半期の流れとほぼ同じという感じを受けました。(だから同じ事書いてもな~という感じで短い)

そして今四半期も

・売上が前年比5%を超える減少がないこと。

・営業利益率が30%以下にならないこと。

このラインは余裕で突破なので安心してキープ。

 

オラクルの決算内容なんてほとんどの人が興味ないみたいです。というかオラクル株を持っている人がどのぐらいいるのか…。全然話題に上がらないけど。

売上は横ばいだけで利益率30%超えてるし超優良だと思うんだけどなぁ。

イメージ的に「過去のハイテク企業」の印象があるのでIBMらへんと同じ感じで見られてるのかもしれませんね。

調べてませんが最初の方に書いた「ヨーロッパ/中東/アフリカ 」で売上が上がっている理由(企業)がわかるともっと見えてくるのかもしれません…。

↓ここにQ2に増えた顧客の載っているので気になる方はチェック!!ヒントがあるかも~。



Customer highlights from Q2 FY21 earnings

Oracle.comより

※投資は自己責任です。あくまで参考程度にお願いします。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーサイト