【実体験】私の住む田舎ではコロナの影響は既に甚大な被害を出している

株式市場、荒れてますね。
毎日朝起きてPFを見るのがストレスです。笑

長期投資家には誤差でしょうけど、私を含めここ数年で投資を始めた初心者長期投資家達は波乱相場にまだ慣れていません。

加えてベテラン長期投資家にしてみれば、今回の下落相場は暴落とも思ってないと思います。そんなもんです。

長期投資であれば長期のチャートを見て判断すべきです。
見たら多分わかります。これは「調整レベル」だと。笑


さて!
今回は気になる企業のまとめではなく、ちょっと気になった事があったので

インバウンド需要が盛んな地方でのコロナの影響

について書いてみる事にします。


はじめに言っておきますが
これは実際に当事者から聞いた話+私も見た光景ですので今後の日本株への投資の参考になるかもしれません。



私が住んでいる九州のとある地域では

昨年、韓国とひと悶着あった影響と今回のコロナショックで観光客がごっそり減りました。

特に今の時期は全国から毎年、多くの観光客が訪れるようなスポットがある、とある地方に私は住んでいます。

いわゆる「インバウンド」の恩恵をモロに受けている地域ですね。


ところで先日のGDPを始め、数字的にも日本全体の景気は明らかに減速(一部では後退)し始めていますね。


それも含めて今回の「コロナショック」

今回の騒動でテレワークが進んで、会社に「必要な人」「不要な人」が明白になる、それによってコスト改善が進む、とも言われていますが、実際は一部の企業に限られます。

特に、ハイテク技術をもたない地方企業やサービス業ではテレワークでは成り立ちませんし、当たり前ですけど一部の業種では確かに働き方改革に貢献するかもしれませんが、日本の場合はほとんどの企業にはその恩恵はないと思います。


そんなわけで今回は雑談的に

コロナショックによる地方企業への影響

について現場の声も含め伝えたいと思います。


まず初めにコロナショックの影響はどの程度でているでしょうか。

インバウンド需要を受けて、ここ数年間は比較的高い水準をキープする形で観光客(宿泊者数)が日本全体に訪れていました。

特に、私の住んでいる地域では今の時期、とあるイベントがあるため1年間の中でも恐らくトップ3に入るほど多くの観光客が訪れる時期にあたります。


毎年、該当する界隈では車の通行禁止等の対策が取られ、地元民としてはちょっと不便な時期です。

しかし今年はちょっと様子が違います。

例年と違って、まッッたく人がいません。本当に。

辛うじて、土日になると多少増えはしますが例年は本当に歩行者天国か、と思うぐらい人がごった返すのですが、それに比べると今年はまったくです。


これでも一応、小さい会社を営んでいる身分なので、その界隈の人に話を聞いてみたりすると『これ、冗談抜きでヤバイんじゃない。。。』と思うほど悲惨な状況に陥っています。


例年の2~3割減でも結構なインパクトですよね?

実際に聞いてみると、



『売上は例年の7~8割減。。。』

って言うんです。

?!?!?!?

もう「大変ですね~」っていうレベルじゃないです。
気の毒過ぎて何と返して良いかわからないです。


「インバウンド一辺倒だったのが悪いんじゃない」と言ってしまえばそれまでですが、地方の会社・お店はそこまで広い視界で見れてないのが実情です。


ニュースでは主要企業に関わるサプライチェーンが~・・で業績に悪影響が出て…~。みたいな話が多いですが、
インバウンド業界では既にガッツリ悪影響が出ており業績懸念なんて言葉はもう通り越してます。本当の意味でインバウンド向けの多くの企業は死活問題にまで既に発展している状況です。


過去の事例を思い返してみましょう。

SARSの時は、感染源である地域からの観光客が7割減、という事だったので影響はデカかったものの、まだ全ての国ではなかったから良かったのですが

今回は日本自体が「既に多くのコロナウイルス感染者がいる地域」として世界に思われています。

そして日本国内の人の行き来も滞るわけですから

インバウンド産業(サービス業含む)に対する影響はSARSの時と比になりません。

そしてSARSの時は感染拡大から約半年以上が経過して、やっと客足が戻ってきたというような状況でした。


ただここで疑問です。

『はたして地方企業が売上7~8割減の状況で約半年間、資金繰りできるのか?』

という点です。
それも半年で収まればという仮定の話です。
実際はもっと長くなるかもしれないし、もっと早く収束するかもしれない。
ただ、SARSの時はそのぐらいかかりました。

これを乗り切れるか、という点ですが結構厳しいのではないかと思っています。

資金力がある大手企業であれば、半年程度だったらこれまで蓄えた内部留保を切り崩していってなんとか切り抜ける事ができると思いますが

田舎の会社・お店なんて、言い方は悪いですが
ほとんどが自転車操業・その日暮らし、みたいな環境の所が意外と多いです。

だから昨年の消費税増税の時でも、これまで良く行っていた飲食店がなくなったし、いつも結構人がいたようなお店もなくなったりしました、それだけで。

もちろん後継者問題なんかもあって、無理に続ける事もねぇなぁ、と考えて増税を機に閉めたお店もありましたが結果的には同じ閉店です。

そんな資金力しかない地方企業が今回の騒動を切り抜けるのは結構厳しいです。


各県は中小企業への影響をフォローする、というような名目で影響の大きい事業所へ特別融資をするというような施策も出してますが、あんなの何の解決にもなりません。

あくまで「融資」です。

収入が減ってヤバい!となってるのに融資如きでは、ただ延命してるだけです。

インバウンド一辺倒だった事実をあえて棚に上げて言わせてもらうとしたら
『融資じゃなくて影響額相当のお金ちょうだい!』
と思ってるはずです。

それと同時に今回、私はつくづく思いました。

事業を1本に絞らなくて良かった、と。

これから悪影響がまだ出てくるかもしれませんが私はインバウンド需要にはほとんど関係ない業種で3業種ほど運営しています。

だから、そこまでパニックにはなってませんが
もし私が、観光客向けの商店だけを経営していたとしたら恐らくここ毎日、危機感に苛まれて鬱になってると思います、本当に。

私の今で状況でさえ、売上1割減になったりする事業があるだけで怒り狂うのに、7~8割減とか本当に死にたくなるぐらいのレベルで考えただけでゾッとします。



結局何が言いたいのかと言うと、こうです。

日本株は先日の大幅下落でコロナショックによる影響を織り込んだ、なんて事は絶対にあり得ない

と思っています。

実際にスポットを受けている企業(上場企業や有名企業)に形となって影響が出るのはこれからです。

地方企業がなくなっても日本企業に影響出ない、なんて思ってたら甘いです。
経済は小さい所も大きい所も全て繋がっています。

地方企業がなくなれば失業者が増えますし、収入もなくなります。
それが多くの地方で発生し、個人消費額にもどんどん影響が出てくる。
すると、お客さんの手元からお金がなくなるので物を作る会社、サービスを提供する会社にも業績への悪影響が出始める。
そうやってどんどん下から悪影響が突き上げてきます。
最終的には日本を代表する企業にまでその影響は及びます。

そんなのどんどん原因・理由を探っていけば誰だってわかります。

債務不履行による金融業の業績悪化、貸し渋り、資金力のない所から潰れていって最終的には日本経済に大打撃を与えます。

本当にボディーブローのように徐々に効いてきて最後は息ができなくなります。

それほどコロナウイルスによる影響は大きくなるかも!しれません。


逆の事を言うようですが実際、私は「コロナウイルス」自体にはそこまで驚異を感じていません。

確かに感染力も強いし、人によっては死に至る可能性のあるウイルスですが
インフルエンザによる死者数に比べたら、コロナウイルスによる死者数なんて大した事ないです。

致死率で言うと確かにコロナの方が高いかもしれませんが感染力は圧倒的にインフルエンザだと言われています。
だから致死率はインフルの方が低いですが死者数は圧倒的にインフルエンザの方が多いですよね。2019年は約3,000人もの方がインフルエンザでなくなりました。

インフルエンザだって高齢者がかかるとヤバいって言います。コロナと同じです。

実際、発端となった中国ではピークは越え少しずつ鎮静化している状況です。(あくまで政府の発表内容に偽りがない前提で)

それよりも厄介なのが

『コロナウイルスはめちゃくちゃ危険だと思っている人が多分95%以上いる』

という事だと思います。
それも世界中で、です。

実際のコロナウイルスの肺炎による死者よりも経済的に困窮して(自殺も含め)死に至る人の方が圧倒的に多くなると色々な所で言われています。

なんでそこまで問題が大きくなったかというと
国もメディアや不安を煽り過ぎる。
事が要因のひとつじゃないかなぁ、と思っています。


●国の場合は、国民が異常に怖がっている、じゃその期待に応えるにはその怖がっているレベルと同じように国も対応しないと国民から支持を得られない。

●メディアの場合は、大げさに書いた方が圧倒的に注目を得る事ができる。


だから、ここまで煽っているのだと思っています。

人って自分の事以外、深く考えてないもんです。いや、自分の事だってそんな考えてない人も多いです。頭が良い人も悪い人も、メディア業が仕事の人も変わりません。

でも
「それが間違っていても、みんなの期待に応えられれば良い」
んです。

だから私は今回のコロナ騒動を規模の大きい風評被害だと思っています。

色々な意見はそれぞれあると思いますが私はそう感じています。
あまり神経質になり過ぎるのも問題だなぁ、と今回は感じました。

実際はどこまで影響が大きくなるのか、心配はこれからも続きそうです。。。




最新情報をチェックしよう!
スポンサーサイト