投資3年目の20代後半男が今回の暴落相場で考えた事

スポンサーサイト

とりあえず含み益は含み損になりました

暴落相場で考えた事

怒涛の1週間が一旦終わりましたね。
この1週間、各指標の騰落率はなかなかえげつない事になりました。
私が関係ある指標だけ見ていくと

S&P500:約11.4%下落

日経平均:約9.6%下落

マザーズ:約15.4%下落

1週間で米国・日本に限らず世界中の株式市場で急落となった週でしたねぇ…

これだから、株式投資は怖いです。
上昇相場ではみんなWin-Winですが逆に捉えると当たり前ですがLoss-Lossです。

(対義語として合ってる?笑)

そんな中で僕のPFは

年初来で約11%の下落となり現在は絶賛含み損中(△4%)です。

今年初めまでは9割の銘柄で含み益でしたが、現時点では6割の銘柄が含み損になりましたです、はい。

投資額が年初で230万円ぐらいだったので、今回急落した事による評価損失額は少ないです。
もしも、自分が数千万円単位で投資していたとすると今週は多分、屍のような精神状態になってたんじゃなかろうか…。恐ろしい。

プラスに捉えれば、僕を含めここ数年の間に投資を始めた人にとってはまだ少ない額で運用している状態で歴史に残る暴落相場に立ち会えた事は、

嬉しくはないけど良い経験になったはずです。

これで「やっぱ株って損するもんなんだ…もうやめよ。」
という風になってしまうと機関投資家や海外投資家の良いカモなんじゃないかなぁと。

そして日本人にとっても今までと同じ負の連鎖で後世に

「株(投資)はギャンブル!」

という正しくない情報を伝えてしまう連鎖にもなってしまうのでは、と思ったりしました。

こうやってひと昔前の日本人に根付いた「投資はギャンブル思考」が出来上がったんだなぁ、と何か大きな国レベルの闇を垣間見た気がした週でした。笑

Twitter界隈でも昨年の2,000万円問題の後押しなんかもあり、せっかく投資へ踏み切れた人達が損切りしました、という呟きを見たりしました。

「確かに、初っ端こんな暴落したら怖いよなぁ。。。」

と思う反面、

「しっかり自分で考えて買ったものなら、もう少し違ったのかも」

とも思いました。

それは過去の急落相場と大きく異なる点として『全ての年代』でSNSや、より細かく報道されるようになったニュースサイトや有名投資家の発言等を簡単に取得できるようになっている事が影響していると思います。

自分自身で調べて、考えて、将来の成長を想像して買った銘柄じゃないと多分買うタイミングも売るタイミングも自信が持てない

と思います。

株価が下がってる=みんな売ってる

じゃ、私も売っておかないとヤバい!という人間の心理的な部分を自分で把握しておかないとこういう時に人間って脆いもんだと思うんです。

トイレットペーパー不足するかも、のニュースもそうですよね。

「そうは言っても実際に店頭にないから、やっぱないんだよ!」

 

は結果論であって、あくまで「今、店頭にないだけ」です。


根拠が曖昧な情報で焦った人達がトイレットペーパーを必要以上に買う
→根拠不明の情報拡散
→店側はそんなの予測してないから、そもそも通常通りの仕入しかしてない
→一時的に店頭からトイレットペーパーが消える(今)
→メーカーは全然在庫もあるし製造ラインも問題ないのに急に発注数が増えたから納期がちょっと遅れる(かも??)
→パニック拡大
→でも少ししたら普通に入荷してくるし店頭にも並ぶ。だって製造面で何も問題がないんだから。


ちょっと話はそれましたけど
それだけ根拠が明確でない情報や自分で調べたのではない情報に頼ってしまうと間違った行動に走りやすくなる。
そういうもんだと思います。

だから僕も素人ながら企業の業績をまとめたりして調べているわけで
いくら、どこどこの会社が良いというだけの情報の会社の株なんて怖くて買えない。

ましてや、これだけ株価が急落した時に理由もわからず保有している企業の株価が数日で10%以上も資産を溶かしてたら、そりゃ誰でも損切りしてしまいます。

だから株を買う時はバックグラウンドが大事!

別にそのバックグラウンドは多少間違ってても良いと思うんです。
ちゃんと理由があって将来的に株価が上がるというイメージを持てるのであれば。


ただ個別企業を調べるのなんて面倒くさいのも事実ですし、普通に資産運用として投資している人はそこまで見なくて良いとも思うんです。

それなら

VOOやSPY等のETFを買って、ずっと保有していれば良い。

これが一番シンプルで将来資産が貯まる可能性が高いです。

短期で大きな利益が欲しいのであれば僕はどうしたら良いのかわかりません。デイトレーダーじゃないので。

ただ将来の不安から「長期投資家」として投資を始めたのなら長期で投資を続けるべきじゃないかとも。
長期って1年とか5年とかじゃない。20年後とか30年後の事です。

基本的に人間は我慢ができない生物(我慢するとストレスが溜まるのはそもそも人間が生物的・本能的に向いてないから)だと思うので、そこを理解しないと実は長期投資って気持ちの面で難しいものだと思ってます。

わかっているのにできない人が多い。それは理由がないから。

一部の投資家には市場の空気を察知して下落前に売り逃げる事ができる人達もいます。そういう人達は恐らく別次元の情報と経験、微妙な違和感を捉える感覚が研ぎ澄まされた人。

だと思うので普通の兼業個人投資家には到底真似できません。

と熱く持論を語りましたけど先週中に短期の反発狙いで日本株を信用で70~80万円程度買ってしまってます(‘ω’)言ってる事とやってる事がつりあわないのも人間です。笑

しかも前半に多めに投入してしまった関係で今のところ結構含み損なので来週どうなるでしょうねぇ~。

おぉ怖

2月の取引はこんな感じでした。

米国株の保有状況

【暴落前】
クラフトハインツ:28株購入
アルファベット:1株購入
アイロボット:7株売却

【暴落中】
ジュミア:150株購入
プルデンシャル:5株購入(でも暴落初日の25日…)


日本株の保有状況

【暴落前】
アプリックス:400株売却

【暴落中】
ZHD:200株購入



米国株、日本株ともに「もうちょっと待てば良かった」という結果になりました。

それとここにきて「Zホールディングス」【4689】を現物で少し買いました。もちろん長期保有目的です。

ずっと気になっていたのですが買いどころがなく、買えなかったので昨日買ってしまいました。
近い内に記事にしてまとめる予定です。


そして、ずっと期待をしていたアプリックス【3727】は売却しました。
将来得る事ができそうな利益を改めて冷静に計算してみて、もう既に割高か、という結論になったので売却しました。

これまで決算ごとにまとめてましたが、もう未練ないのでスルーする事になりました。
仕手株化してるのかわかりませんが、結構記事へのアクセスは多いのでアクセス稼ぎにはマイナスですが、もう興味ないのでどうでもよき、です。笑

まとめ



と、こんな感じで今週1週間を過ごしましたが、

今回の暴落によって買い増しはしたものの一切売却はしてません。

悪決算を受けてアイロボットは一部売却しましたけどこれは正常な判断だと思ってます。暴落する前ですしね。


ここまでの急激な下落は恐らく来週はないだろうと思っていますが、仮に一旦反発した後も下落が続く可能性はまだまだあるように感じます。

特に、米国は今年の大統領選や景気後退等の他のマイナス要素もあるし、
しかも実は日本の方が問題山積みで、先日のGDPは前期比で大きくマイナスな上に、2月以降はコロナウイルスによる更なる景気悪化が表面化するだろうし、最悪オリンピックが延期や中止になってしまう可能性を考えると

正直、今年の日本株は特に危険すぎる!


そして今回のコロナウイルスの日本政府をはじめ政治家の対応を見てると、この国は本当にどうなってしまうんだろうと思ってしまうほど何も考えていないように見えます。
その場しのぎ、かつ責任逃れと責任の押し付けをここまで全面に出す政府もなかなか他にないだろう、と。

本当は悪い事なんですけど日本の政治に何も期待もしていないし興味も持てない僕でさえ、こんなんないわ、と思う対応のオンパレードでした。
日本のヤバさを露呈した週でもありましたね!

いっその事、日本の政治家には全員やめてもらって、アメリカや中国から指導者招いた方がいいんじゃない。

もうハワイみたいに「アメリカ合衆国ジパング州」にしてください、トランプ大統領。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーサイト