気分転換に「アーリーリタイヤ」について考えてみる

どうも、ヤントです。

ここ最近はずっと気になる企業の決算書なんかを見ていたのでちょっと気分転換を兼ねて完全なる雑談ブログを書いてみたい気持ちになりました。

こんなの書いたら、ただでさえ少ない読者がもっと減ってしまうかもしれないけど。

そもそもいるのかいないのかわからないから別にいいんですけどね。

だからちょっと気分転換に最近、気になった事を終始だらだらと書き綴っていく。




実はここ数か月前まで

アーリーリタイヤ (略して「FIRE」)

という言葉を知りませんでした。

FIREと言ったら缶コーヒーしかイメージありません。

そもそも2017年ぐらいから始めた私の投資目的も、どっちかというと投機的な感覚で最初は始めたもんで投資で資産を構築して早期退職目指すぞ~という感じでもなく。

しかも、略したらFIREになる事も知りませんでした。

なにがどうなってFIREになるんだろうと思って調べてみたら

「Financial Independence, Retire Early」

なんですってね。

グーグル先生に翻訳をお願いしたら、

「財政的独立、早期退職」

という意味みたいで。


「Financial Independence」

「Retire Early」

で、2つの単語を合わせた言葉のようです。誰が初めに言い出したんでしょうねぇ・・・


というか「Retire Early」の単語自体がFIREの「RE」に含まれているので

アーリーリタイヤ=FIRE

ではなくて、

「経済的に余裕ができたから早めに退職します。皆さん、オツです。(サッ)」

という事なんですね、納得。


まぁそんな言葉の意味はどうでもいいんです。

ツイッターやブログをしていると「アーリーリタイヤしたい」という人やブログを最近良くみます。私も書いてはいませんが、実はその一人だったりします。


ただ、アーリーリタイヤが最終目標のようになっている方達もいるようです。

そんなのその人の勝手だから全然それでいいんですけどね。

ヤントの場合は

できる事ならアーリーリタイヤをして、好きな事に集中したい!

という目標というか、憧れがあります。


国のお偉いさんの方々はじめ、「生涯現役」とか「人生100年」とか、死ぬまで働かせようという軽めの警告というか、

『そのつもりで準備しておけよ、今の若いの。』

みたいな空気を感じるこの頃ですが、その中でアーリーリタイヤを目指すのは逆行している気もするが、もしかしたらそれが正しいのかもしれない。

黙って国の言う通りになってると知らない間に奴隷根性が染みついてしまうかもしれない。
言われるがままの国民になってしまったら、搾取されるだけ。そんなの資本も気持ちも擦れていきます。


でも、「生涯現役」と「アーリーリタイヤ」は対照的に見えるけど、実は対照的じゃない。


早期にリタイヤをしてもやる事も特にない。でもこれまで貯めたお金に働いてもらってるからお金に困る事も特にない。(配当や不動産収入等)

じゃ~、何をするの?まだ何十年も生きていかなきゃいけないのよ。

っていう所ですよね。


多分、アーリーリタイヤできるような人って、その状態で多分ジッとしていられないんじゃないかな~と思います。

だっても考えてないような人は絶対にアーリーリタイヤなんてできないでしょうし。元々は優秀な人達だけがなれるものだと思ってます。

だから、お金の大切さももちろん知っているので、リタイヤ後にやる事がないからと競馬やギャンブルで溶かす可能性も少ない。

でも何もしないのも、もはや私のじいちゃん、ばあちゃんと同じ感じです。

韓国ドラマを見る事が楽しみで外にはほとんど出ない。仕事をやめた途端、ボケが始まりました。

そんな事になるんだったらリタイヤしない方が良かった、というケースになる可能性も否めません。

実際にリタイヤした人達のツイッターやブログ見てると、暇を持て余してるような人も多いようです。(見える範囲ではですけど)


だから私が思うのは

リタイヤ後の未来像

をしっかり立てておく事が大事なんじゃないかな~と思ってます。


だから私の目標は、アーリーリタイヤではありません。
アーリーリタイヤはあくまで途中段階、もしくは手段だと思ってます。

私の最終的な目標は

①好きなものに囲まれたビジネス(というか趣味の延長)を手掛けたい
②お金や仕事でどうしても関わらなくてはいけない、迷惑な人間関係を切りたい

という目標があります。
「アタマ甘々坊主やな!おまえ!www」と思われるかもですけど、多分みんな思ってる事だと思います、特に②なんて。

要するに、ストレスをできる限り受けない状況を自ら作って、好きに生きていきたい

というわけです。
甘々かもしれませんが本気です。


まず①についてですけど

元々、私は仕事が嫌いじゃなく、多分どちらかというと好きな人間です。
ただ、表面上で付き合わなくてはいけない人間関係が非常に苦手です。仕事柄、避けては通れませんが。。。

でもリタイヤできるほどの資金を持っていれば、失敗しなければ良いだけなので好きな仕事だけやっててもなんとかなります。
多少、体力的にきつくても好きな事なので精神的に余裕があれば「楽しい」が勝ります。

書く事が好きな人は時間の限りめちゃくちゃ書けばいいし、絵が好きな人は描き続けて個人でネットを通して売る方法がいっぱいあるし。
パンが好きなら、パン屋が少ない地域で小さなパン屋を開けばいいし、要するに好きな事なら続けられる!(私は)


そして②が私的にはとても大事な所です。

組織の中で働くというのは、絶対に嫌な人でも付き合わないといけない場面が出てきます。社内にも社外にもそういう人がいます。

しかも厄介なのが、そういう人がビジネスの決定権や力を持っているというのが良くあります。もっと言うと権力はあるけど能力がない人も多い!これがめちゃくちゃストレスが溜まります。
元々、他人に偉そうに言われるのが苦手な私が一番精神的にやられるのがこの状況。

それも資金面で余裕があれば、別に嫌なら付き合わなければ良いだけなので実に簡単です。

そんな考えだとお金稼げないだろ。仕事なめんな。
と思うかもしれませんが稼ぐ事が目的でないのでマイナスにならなければいいだけなので余裕です。

もっと言うと、アーリーリタイヤできるほどの資金があるなら、配当金や不動産収入等で普通に生活できるレベルの不労所得があるはずなので多少マイナスになろうがモーマンタイです。

親の遺産でどうこう~…となると、資産運用の方法がわからなかったりする可能性があるので、うまくできるかは知りませんが。

何度も言いますが

「アーリーリタイヤできるほどの人は結局、能力と資金力でどうにでもなる!」


最終的にはコレです。

だから私は問答無用で実際にアーリーリタイヤしてる方々は、めちゃくちゃすごい人達なんだと思ってますし、多分、いや絶対そんな人達です。

要するに化け物達です。

私にそんな時代はくるんだろうか…。不安です。以上です。



最新情報をチェックしよう!
スポンサーサイト